コンドームが破けたら…【72時間以内】にやるべきこと

コンドームが破けた…【72時間以内】にやるべきこととは?

「性行為中にゴムが破けた」「コンドームが外れた」「ゴムが膣の中に残ってしまった」

避妊に失敗したかもしれない…とにかく不安になってしまいますよね。もしかすると、「安全日だから大丈夫」と思ったかもしれませんが、残念ながら妊娠の可能性は0ではありません。

なぜなら、精子が膣内に残る可能性があるからです。

残念ながら、シャワーやウォシュレットで膣内を洗い流したり、指を入れて精子を掻き出そうとしても効果はなく、アフターピルを使う以外に緊急避妊する方法はありません。

アフターピル処方のポイント3つ

アフターピルを使っても100%避妊できるわけではないですが、72時間以内の内服で80%以上の高確率で妊娠を防げます。ですが、時間がすぎれば過ぎるほど避妊確率も低下するので、できるだけ早く内服することが大切です。

アフターピルを処方してもらう上で注意することは?どのアフターピルがいいとかあるの?

①個人輸入代行を利用しない

アフターピルは海外では薬局で簡単に購入できますが、日本では医師の処方箋が必要となります。そのため、必ず婦人科含め、医師から処方してもらいましょう。

アフターピルは残念ながら保険適用外のため1万円以上はするものです。だからといって、SNS含め個人輸入代行などを使って安いアフターピルを買わないよう注意してください。中身が偽物の可能性もあり本当に危険です。

②72時間以内と120時間以内のアフターピルを処方している

アフターピルには大きく分けて2種類あり、それが72時間以内と120時間以内のアフターピルです。現在、国内で認可されているのが下記の「ノルレボ」とで、これは72時間以内のアフターピルです。

(あすか製薬のホームページより引用)

国内の医療機関が処方しているわけですが、それでも避妊の成功率は約80%~85%です。

ですが、「ella one(エラワン)」という日本では未承認ですが、欧米では主流の120時間以内のアフターピルも医療機関によっては処方しています。もちろん、医療機関のため正規ルートで輸入したものになります。

ella oneは米国FDA(アメリカ食品医薬品局)では緊急避妊薬として、正式に認可されているアフターピルです。

このella oneは時間が経過しても避妊効果が落ちず、ノルレボよりも避妊の成功率が高いと報告されているので、万全を期すならella oneも処方している医療機関を選ぶことも大切です。

ella oneの避妊効果のデータ
  • 48-72時間以内の服用:妊娠率 2.3% (1.4%~3.8%)
  • 72-96時間以内の服用:妊娠率 2.1% (1.0%~4.1%)
  • 96-120時間以内の服用:妊娠率 1.3% (0.1%~4.8%)

引用 : Ulipristal acetate taken 48-120 hours after intercourse for emergency contraception

また、ノルレボはBMI:30以上の女性には効果が低くなるとされていますが、ella oneはBMI:30以上の方にも有効性が高いとされています。

③オンライン診療で即日郵送してくれる

平成30年3月より厚生労働省が認可したクリニック(医師)であれば、オンラインによる問診のみでピルの処方が可能となりました。

もちろん、お近くの婦人科などで処方してもらうのも問題ありませんが、できればオンラインで自宅まで郵送してくれるのが1番ですよね。

ただ、時間との戦いでもあるので、必ず即日郵送で翌日に到着するかのチェックは必要です。

3つの基準を満たすおすすめのクリニックはどこ?

・・・

・・・

・・・クリニックフォアです。

オンライン診療後に、12:00までに決済すれば当日発送してくれますし、万一配送トラブルがあっても「ella one」の取り扱いがあるので安心できます。

テレビ電話ではなく電話での診察にも対応しているのでありがたいですね。

14日以内の後払いにも対応
クリニックフォア公式サイトへ