今だから知りたい学資保険について!大切なことは?

子供が産まれた際、将来の為に学業の為の資金を確保して置きたいと思う親御さんは多いですよね。そこで学資保険とは何か?入った方がお得なのか?というお話をしていきたいと思います。

そもそもの保険の始まりは、大昔に海で荷物が破棄されたり何らかのトラブルがあった際に、金融業者が間に入って荷物が無事なら金融業者に手数料を支払う、無事でないなら荷物の代金を支払うというものです。

この考えに従うと、子供が進学する・しないに関わらず、いざ子供が成長して進みたい進路が出てきた時に、何らかのトラブルが発生しても手元に十分な資金を確保して置くことが大事になってきます。

現在は少子化傾向が続いていますが、教育にかかる資金は多種多様なアプローチの仕方があり、選べるものも多くなっています。学資保険に関しては、なるべく少ないコストで継続的に続けられるのが理想と言えます。

目標設定としては、産まれた時から大学入学まで、数字見ると0歳〜18歳までで1番お金が必要になってくるのは、18歳の時です。18歳の時にゴールと定めて、例えば子供が私立大学の文科系学部に入学すると、入学金+初年度授業料+施設設備費として約120万円が必要になってきます。

それ以降の3年間は約90万円ほどですので、トータル約400万円ほどのお金がかかってきます。そして大学を受験する為に塾などに通うケースになった場合、さらに月々の塾代がかかってきます。

そんなに払えないよ!と頭を抱えることにならない為に、今からコツコツと積み立てして、資金を然るべき時に受け取ることが大事です。

学資保険を組むうえで大事なことが、ちゃんと受け取りたい時に受け取れることを確認し、定期的に保険の方と相談しながら、目標設定を見直すことです。どのタイミングで始めたらいいのか分からないという悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

今は色々なプランが登場していて、早いときだと産まれる前から組めるプランもあります。余裕のある時に一度相談してみることもおすすめします。

産まれた後だと時間に追われて、保険のことを考えてる暇がなく、気がついたら忘れていたなんてこともあるからです。保険は将来のリスクに備えて組むものです。

リスクを最小限にしたい、いざという時に足りない事態に陥りたくない、子供の教育費を確実に確保したい、時間がある今だから取り組みたいという方はぜひ学資保険を検討することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。