生命保険とは?生命保険の種類についてまとめてみました

生命保険とは、大勢の人で保険料を負担し合い、その中でもしものときは保険金が支払われることを約束したものとなります。

死亡や病気にかかった場合にかかるリスクに支払う保険のことで、生活や家族のための備えになります。生命保険がどのように支払わられるかによって、死亡保険、生存保険、生死混合保険、それ以外の保険に分けられます。

生命保険とは、死亡保険、医療保険、ガン保険、学資保険、年金保険など全般があります。

死亡保険は、保険の加入者が死亡、高い障害があった場合に支払われます。さらに定期保険、終身保険に分けられます。定期保険は期間が決まっている保険で、期間を過ぎて生きていた場合にそれまで支払った保険料は返ってきません。

保険料は安く大きな保障をかけられるのが特徴です。その一方終身保険は、保険期間が一生となります。死亡したら必ず保険金が支払われるため、保険金の一部を積み立てできます。

そのため先程の定期保険より料金は高くなります。

生存保険は、加入者が期間満了後生きていた場合に支払われる保険になります。学資保険、個人年金保険などのことを指します。学資保険は学費の準備として、個人年金保険は老後の備えを目的とした保険です。

生死混合保険は、死亡保険と生存保険を組み合わせた保険のことです。加入者が死亡、高い障害になった場合支払われ、保険期間満了後生存していた場合支払われます。

上記3つ以外の保険は、死亡以外に備える保険があります。病気、ケガ、手術に備えるガン保険、医療保険。それに伴う収入減に備える就業不能保険があります。

生活には死亡、生存、病気、ケガ、介護さまざまなリスクがあります。さまざまなリスクに備えることで安心して暮らすことができます。

病気、ケガは治療にお金がかかるだけでなく、状況によっては働けなくなることもありえます。公的な保険には健康保険がありますが、それでは不十分なので生命保険で補うことができます。

将来まとまった資金を今から準備することが必要になってきます。貯蓄機能のある保険は将来のリスクに備えることができます。

生命保険を活用すると生活のリスクに備えられます。人生設計、家族の有無によって異なりますが、子供が小さいうちは死亡したリスクよりも生きている間のリスクを重視しなければならず、保障に頼らないといけないかもしれません。

その一方独身の方は死亡リスクより生きている間のリスクを重視しないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。