赤ちゃんと快適に楽しくドライブを楽しむちょっとした小技

最近子供を産んで車を買いました。しかし、赤ちゃんと二人で移動するとき、運転席の隣に子供をのせるというのはどうも抵抗があります。

運転席の隣は事故にあった時に一番死亡率が高いと聞いたことがあるからです。やはりとっさの時は自分を守るようにハンドルを切ってしまうんだとおもいます。

なので、一番安全とされている後ろの席に赤ちゃんをのせて近所の病院などに行くようになりました。しかし、問題があり、赤ちゃんをのせる車用のベビーチェアは一歳ぐらいまでは後ろ向きでのせます。

なので、運転している最中子供の様子がまったくわからないんです。何もないとかわかっていますが、やはり不安です。

そんな時、ベビー用品が売っているショップなどに行くと、後ろ向きに座った赤ちゃんがミラーから見える鏡が売っていて感動したんです。

やはりみんな困っていることは一緒なんだなぁ~と思った記憶があります。そしてそれをすぐに購入しました。

そしてルームミラーも少し小さいと感じたので、大き目のルームミラーに交換。子供が乗っていないほうの後ろの席にはポケットがたくさんついたものをぶら下げて、お手拭き、ハンドジェル、子供用の帽子、ウェットティッシュ、ばんそうこう、子供が泣いてしまった時用の子供用のCD。とにかく何でも入れています。

これがめちゃくちゃ便利です。やはり車って自分の部屋のようにできるのが本当にありがたいです。自転車や電車ではこうはいきませんので、。自転車って本当に便利だなって思います。

そして、子供に日差しが直接かからないように窓にカーテンもしています。これもベビーショップに売っていました。また、これにも感動しました。赤ちゃんって自分でうまく首も動かせないので、まぶしい状態だとそこから首を動かして逃げることもできないので、すごくまぶしそうでつらそうなんですよね。

ちょっと長く運転するときは私は必ずカフェに寄るのですが、大きいマグだと仕様のカップホルダーでは入らなかったりするので、それも自分ように取り替えました。もっと大きくして大きなマグでラテを買っても安心です。

最近はサンドのハンドルから音の鳴るハンドルをぶら下げて子供が少しでもあきないような工夫もしてます。泣かれると運転に集中できなくて危ないとかんじることもあるので、。

とにかく子供と私が心地よく車の中を快適に過ごせるようにすべて変えました。とっても心地よいですし、車の運転がとっても楽しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。