不動産売却の失敗しがちな点

不動産売却は、誰でもせいぜい人生で1回ぐらいではないでしょうか。何度も機会があるのなら、1回ぐらいの失敗は気になりませんが、たった1回しかないのなら、失敗せずに済ませたいものです。

しかも、不動産売却はとても高額で、人生で一番高額なお金を動かす事になる方が、ほとんどではないでしょうか。売るべき不動産がいくらで売れるかを知るために、ネットで一括査定をするケースが最近では増えてきました。

不動産屋を何件も巡らずに査定額を知る事が出来るので、とても便利な時代になりました。複数の不動産屋さんから査定額が提出されて、一番高い金額が不動産の売却額になるのではないかと思いがちです。

しかし、実際はなかなか売れなかったり、すぐに売れて喜んでいたら、後々かなり安い値段で売っていた事に気付かされるケースもあります。

なぜそうなるかと言うと、査定額は最近の近郊事例の売却実績に影響を受けるからです。お近くに似たような住宅があり、その住宅が叩き売った事例であると、その値段に釣られてとても安い査定額になる事があります。

また、その地域で似たような住宅がたくさん売りに出されていたら、一番高い売値で売りに出されていたら、買われにくいのは当然でしょう。

不動産屋さんが買取り価格を提示してきた時に、確実に売れるのならと売ってしまう人もいますが、買取り価格は、一般売却価格よりも安い事がほとんどです。不動産屋さんの査定額は安くなりがちです。それは勿論、その方が取引が成立しやすいからです。

不動産屋さんは取引が成立すれば手数料をもらえますので、売り出し価格を安く誘導しがちです。不動産屋さん一軒だけに売却をお願いするのも危険です。

不動産屋さんは、売主からも買い主からも手数料をもらおうとして、自身のポータルサイト以外から来た買いたいと希望してくるお客さんに物件はありませんと隠すケースがあるからです。

自身のポータルサイトから来たお客さんなら、買い手数料をもらえますので、売却希望のお客さんからの手数料ももらえて、倍儲かるのです。複数の不動産屋さんに売却希望を出した方が無難であると言えます。

複数の不動産屋さん同士競争して、競争原理が働きますし、広告も不動産屋さんの数に比例して多くなりますので、多くの人々に知ってもらえて、買取り希望者が現れやすくなります。

買取り希望者が複数現れると、また競争原理が働き、売値が高くなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。