不動産売却でかかってくる税金は?知っておかないとやばいかも?

家を売る理由はタイミングは人それぞれ異なります。そんな家の売却をスムーズかつ、売値の高い取引先を得ることを求めると思います。

しかしながら素人が簡単に理解できるものではないからこそ多くの人はどこに相談すればいいのかわからないという悩みがあるのも事実です。そこで家を売る時にどこに相談すべきかという疑問に答えたいと思います。

不動産業者に相談する

基本的な不動産情報を得るためには、周辺エリアの物件を多く取り扱っている不動産業者のアドバイスを受けてみるという方法が一番であります。

不動産業者に相談し物件の査定を依頼すれば売却の可否や価格の相場を出すことは簡単にできるのです。

登記に関する相談は司法書士

不動産売却のために必要な基本知識は数多くあり、中でも複雑な事情を抱えているような物件の取り扱いに関しては特に不動産取引において実績のある司法書士に依頼するのがベストであると言えます。

税金に関する相談は税理士

想定される税金額の計算は個人でもできますが、より確実に状況にあった税金対策を希望される場合には、税理士のサポートも受けるのが望ましいでしょう。

忘れた頃にやってくる大きな納税に備えるため家を売る際には早めの税金対策をするのが鉄則であります。

不動産売却で贈与税がかかるのはどんな時?

財産として見られるのは現金や不動産、預貯金だけではなく事業用財産、有価証券、生命保険など多岐に渡り、それらの財産を譲り受けた際に課される税金が贈与税と呼ばれるものです。

この贈与税は財産所有存命のうちに発生する財産の譲り受け行為に対する税金ですので相続税との違いに注意する必要があります。

贈与が行われると課税されるのが贈与税であり、この贈与税を支払うのは財産を譲り受けた側ですあり、譲り渡す側には税金の支払い義務は生じません。

また法律上財産を贈与する人のことを贈与者と呼び、譲り受ける側の事を受贈者ということも合わせて覚えておきましょう。

贈与税が課税されない贈与もありますが、それは個人のみを対象とした課税対象税ですので個人対法人や法人対法人の贈与については上記の限りではありません。

不動産売却にも関連する贈与税の計算方法

贈与税がいくらなのか計算するための方法が「暦年課税」と「相続時精算課税」の2種類です。

暦年課税とは1年間に贈与を受けた財産の合計金額を差し、そこから基礎控除額である110万円を差し引いた税金を計算する方法であります。

相続時精算課税は、まず贈与が行われた時点で特別控除額を差し引いた金額を基に計算した税額を支払います。

いずれ相続する財産を贈与者が存命のうちに受贈者へ譲って相続税がかからないようにしておき、のちに贈与者が亡くなってから相続が発生したら、過去を含めて改めて清算する方法が相続時精算課税のやり方であり、この2種類の方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。