ホームホワイトニングの盲点とは?

歯が白いことは自分に自信をもたらせてくれます。人前で笑顔になることができた、清潔感が出て周りの人から好印象だなどいい影響があります。

アメリカなど海外では白い歯がセレブの証と言われるほど大切になれている問題になります。たった歯で第一印象が大きく変わることになります。日本でもホワイトニングの認知が高まっており、関心はものすごく高いものになります。

以前では、クリニックや歯医者でしかホワイトニングができなかったのですが、技術が発達して自宅で簡単にホームホワイトニングすることができるようになりました。

特に、若い世代で人気となっています。しかし、ここでセルフで行うからこそ問題が発生するのです。この盲点を知らないと自分の大切な歯を傷つけることになりますので注意が必要になります。

その盲点は2つあります。まず。、一つ目は真っ白になりづらいことです。よくテレビなどの芸能人の歯を見ること綺麗なホワイトの歯を目にすることがあると思います。

その色になるまでは、セルフではできないということを理解しないといけません。その理由は、その白さにするには医療の技術が必要になるからです。これが盲点になります。

個人差がありますが、基本的に真っ白にするには強度も治療が必要になります。時間をかけることも大切になりますので白さに限界があるということを理解していないと大きなダメージとなります。

しかしながら、多少は白くなります。友人などが気付く程度の白さになりますので効果はあります。本当に真っ白を目指す場合は、歯医者などに行く方が効率よく満足できるホワイトニングを経験することができます。

もう一つが、知覚過敏になる可能性があることです。これは、個人差がありますので絶対になるとは言えませんが多くの方が近く過敏になります。

あるアメリカの研究では、70%の人がホームホワイトニングをしてから歯が染みるや歯が痛くなるなどのトラブルを訴えているそうです。特に注意が必要なのは、LEDなど電気を使ったホームホワイトニングを行っている人です。

使用するジェルなどの成分が強いと歯のトラブルが生じる場合があります。高濃度で一気に白くしようと考えると非常に危険になります。白さの段階をつけることが大切になります。

弱いものからホワイトニングを行って慣れてきたら強めの濃度でホームホワイトニングをするようにしましょう。また、ホワイトニングしているときもフッ素などの歯磨き粉を使用して歯の保護に努めるとより安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。